主要內容
::: 回首頁 網站導覽 English  字級:
:::
首頁 日本語 最新の飲酒運転に関する法令について知っていますか? 飲酒運転は絶対ダメ 7月から「罰則強化」+「連座制」の実施 同乗者も罰則対象 検問(検査)の拒否は初犯で罰則18万

日本語

最新の飲酒運転に関する法令について知っていますか? 飲酒運転は絶対ダメ 7月から「罰則強化」+「連座制」の実施 同乗者も罰則対象 検問(検査)の拒否は初犯で罰則18万

發布時間:108-08-01 瀏覽次數:593列印此頁面

飲酒運転による死亡事故は社会的な問題となっています。立法院では《道路交通管理処罰条例》の改正案が可決され、新しい飲酒運転に関する法律が7月1日より施工されます。これにより、同乗者も「連座」の罰則を受けることとなります。飲酒検査、或いは検問を拒否した場合、初犯で18万元の罰則を受けます。

最新の飲酒運転に関する法令

飲酒運転による交通事故はもう軽い罰金ではすみません!飲酒運転という社会的な問題の根絶を目指し、ドライバーの皆様は細心の注意をお願い致します:交通部で発表された最新の飲酒運転に関する法律は2019年7月1日から施工されます。バイクの飲酒運転は初犯で最高9万元の罰金、自動車では最高12万元の罰金。罰金の引き上げに加えて、同乗者も最高3,000元の罰金が課されます。

飲酒運転の初犯、及び、検問(検査)の拒否の罰則強化
新しく改正された飲酒運転に関する法律は7月1日に実施されます。飲酒運転の初犯で呼気中アルコール濃度が0.15mg/l以上、或いは、血中アルコール濃度が0.03%以上の場合、バイク運転は15,000〜90,000元の罰金、自動車運転では3万〜12万元の罰金が課されます。死傷事故が発生した場合、免許は取り消しとなり、再取得することはできません。また、検問、或いは、検査を拒否した場合、5年以内の1回目に18万の罰金、5年以内の2回目以降については、都度18万元が累計加算されます。

飲酒運転の再犯による死傷事故の発生では、車両を没収
飲酒運転の再犯では更に重い罰則が課されます。5年以内の再犯では、自動車は12万元、バイクは9万元の罰金が課されます。5年以内に3回以上の飲酒運転がされた場合、前回の罰金金額に更に9万元が課され、これ以降についても同様となり、上限なく累計されます。例えば5年以内に3回、自動車での飲酒運転がされた場合、2回目は12万元の罰金、3回目は12万元の罰金に9万元が加算され、21万元の経済的なダメージを負うことになります。飲酒運転の再犯により死傷事故が発生した場合、免許の取り消しに加えて再取得は不可、車両も没収されます。

自転車の飲酒運転も罰則対象
多くの人は飲酒後の自転車、或いは、電動自転車の運転は罰則対象にならないと誤解しています。実際は飲酒後の自転車、或いは、電動自転車の運転も飲酒運転に見なされます。罰金は最高1200元、検問、或いは、検査を拒否した場合は2400元の罰金が課されます。

自転車の飲酒運転も罰則対象

飲酒運転・連座制、同乗者は最高3000元の罰金
特に注意が必要となるのは、7月から施工される新しい法令では、同乗者に対し連座制による罰則が追加されました。自動車やバイク運転で、呼気中アルコール濃度が0.25mg/l以上、或いは、血中アルコール濃度が0.05%以上の場合、満18歳以上の同乗者も罰則対象となります。罰金は600から3000元となります。但し、18歳未満、満70歳で精神障害、及び、自動車運送事業の同乗者については罰則が免除される。

アルコールインターロック、来年より実施
来年の3月以降、過去に飲酒運転により運転免許が取り消されたドライバーは、飲酒運転防止教育を受講する、或いは、アルコール依存症治療を完了することで、はじめて再受験することができます。また、受験後の一定期間内は、車両にアルコールインターロックが設置されていなければなりません。さもなければ罰金6000〜12000元が課されます。

飲酒運転は刑法により最高刑無期懲役
《刑法》の新規定に基づき、5年以内に飲酒運転の再犯により死亡事故が発生した場合、無期懲役、或いは、5年以上の懲役に処す。重傷事故が発生した場合、3年以上10年以下の懲役に処す。これにより、飲酒運転は軽い罰金ですむことではなくなりました、皆さんは飲酒運転による経済的なダメージに加えて、《刑法》に抵触することで入獄することになります。
 
相關檔案:

日本語.pdf 下載數:111

分享給朋友:
分享給朋友 facebook分享(另開新視窗) line分享(另開新視窗) email分享(另開新視窗) 加入我們 facebook粉絲團(另開新視窗) IG專頁(另開新視窗) IG生活圈(另開新視窗) youtube頻道(另開新視窗)
TOP