メインコンテンツ
:::
トップへ戻る 組織図

組織図

公開日:2021.12.22 閲覧数:483 列印頁面

動線を理解する
道路の動線
道路交通安全活動を推進するために、中華民国(台湾)は 、1983 年に交通部の下に「道路交通安全督導委員会(National Road Traffic Safety Commission、NRTSC)」を設立しました。
全国の道路交通安全関係の行政機関に対する計画と監督の責任を負い、関係する中央および地方行政機関の代表者および学識経験者、専門家によって委員会を構成します。月に 1 度定期的に会議を開催して、交通安全の課題を調査研究し、地方および市当局が会議の決定事項を実施するように監督します。
 
予算
NRTSC の予算はガソリン税収入の 1.76% に基づきます。年度予算はおよそ NT$0.3 億ニュー台湾ドル(1000 万米ドル)です。
 
機能
1.    道路交通安全のための特別プログラムの計画、および、その実施の調整と監督を強化します。
2.    中央および地方の交通安全活動プログラムの計画、支出、実施状況を調査、監督、監視します。
3.    道路交通安全規則の改訂に向けた推奨。
4.    道路交通安全データの収集、分析、特別研究。
 
高速道路交通安全の主要なプログラム
交通秩序と安全を推進し、自動車事故に起因する死亡、負傷、経済損失を低減するために、1982 年以来 3 年に一度、交通秩序「高速道路の交通秩序と安全プロジェクト」を立案して推進しています。交通工学、法の施行、教育、宣伝活動、および、自動車の監督当局などと連携して、中央および地方政府の計画と年次実施プログラムを調整します。現在実施されている「2011 プロジェクト」は第 10 回 3 年プロジェクトの 2 年目です。
 
近年は、二輪車運転者、高齢者、飲酒運転者の事故の低減など、3 つの主要課題に焦点を当てています。
2010 年 7 月以来、「歩行者の通行権」プロジェクトを提唱して、「交差点に車両が進入してきたときの歩行者の優先権」というコンセプトを推進しています。さらに、焦点を当てている重要なプログラムは、「台湾の事故多発地域の改良プロジェクトの実施」、「飲酒運転の抑止」、「法の施行と教育による二輪車運転者のヘルメット着用の推進」、「通行権プロジェクトのコンセプトの推進」です。こうすることで、歩行者と運転者が可動性よりも先に交通規則、特に、「二輪車の正しい乗車法」を遵守することを目指します。交通法と規則の定期的な見直しと改訂に加えて、交通安全宣伝活動、交通法の施行、また、現在徐々に交通安全教室を実施することで、「違法性レベルに従った刑罰」、「シートベルト着用プログラム」「運転中の携帯電話使用の抑止」、「大型自動車運転者の飲酒運転とスピード違反の抑止」を推進してきました。さらに、現在、「チャイルドシートの使用プログラム」を推進しています。

また、国連が提唱する交通安全のテーマに関する国連「交通安全のための行動の 10 年(2011~2020)プログラム 」に沿って、教育部、総督府警察、行政院新聞局と協力して、交通事故による負傷を防止できることを広め、交通事故による負傷と社会に及ぼす莫大な費用についての人々の意識啓発に貢献してきました。